【初心者向け】基礎の後は回転と感覚。。。?

こんにちは

稲垣です。

本日のタイトル
基礎の後は回転と感覚。。。?
です!
基礎は・・・
姿勢、打ち方、動き方、ラリーやツッツキ

などなど。

一通りラリーはこなせるようになったところで・・・
ここからが難しいと思うのは

 

相手のツッツキに対して攻撃を仕掛けること!

積極的にプレーするために必要な技術ですがなかなかうまくいかず
不安定になってしまい

「ついついツッツキばかりになってしまう・・・」
と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

下回転に対して攻撃するのに必要なのは

”回転をかける感覚”です。
例えばよく出る言葉ですが・・・

「薄くとらえて回転をかける」
「厚くとらえて回転をかける」

です。

これの意味は

薄くとらえるというのはラバーのシートで打つようなイメージで・・・

厚くとらえるというのはスポンジまで食い込ませて打つように・・・

 

 

それがわからんのじゃ!!!

っとツッコミが来そうです;;

 

そのため今回は回転をかける感覚を説明していこうと思います。

回転をかけて攻撃できるとまずどうなるのか?と言いますと

上回転のボールは減速しにくく落下する性質があるので
高く飛ばしても落下速度がある為、逆にオーバーミスをしにくくなる点や

相手も返し難く、ブロックで浮いて返球してしまったりカウンターをしにくかったりするため
自身を優位にしやすくなります。

なので是非回転をかける攻撃を覚えていたいと思います!

 

本題の
下回転に対して回転をかけて攻撃する事をマスターしていきたいので

 

下回転のツッツキに対して回転をかけて返すイメージを

理屈っぽく説明します・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面の方向にスイングするほど
弾道は放物線になり回転がかかります。
速度はあまり出ません。

面の方向にスイングするほど
弾道は直線的になり速度が出ます。
回転はあまりかかりません。

まずは上記2点を覚えておいてください!

下回転のボールが来た時は放物線に飛ばし、ネットに引っかからない様にしたいので
側面の方向にスイングを強めると相手コートに入れやすいかと思います!

 

側面の方向にだけスイングするとループドライブ(回転重視のドライブ)になり
特に下回転に対して打つとき安定感に繋がります。
そこまでスピードは出ない物の回転量の強さで相手コートにしっかりと落下する上に
相手に強い返球をさせにくくし、ブロックを誘う事が出来ます。

 

回転がかからないとなぜ不安定なのか?

っと、いいますと

下回転のツッツキに対し、ついやりがちな

「ラケット面を上向きにしてボールを乗っけるように打つ」

 

 

 

 

 

 

 

面が上に向いている状態で面の通りにスイングし乗っけて打つのは
回転に対する角度とタイミングが少しでも間違うとミスをしやすく
やり過ぎてしまうとボールがふわっとして、相手コートに落ちずオーバーしてしまいます。

そういったミスが重なるとスイングの強弱で台に何とか入れようとし過ぎてしまい
プレーも消極的にもなってしまいます。

さらにはスピードも回転もあまりないため
浅く入ってしまうと逆に狙われ、打たれやすいので非常に難しい技術です。

 

前述したことではありますが回転をかけられるようになることで
いくらスイングをしても相手コートに回転の力で落ちて甘いボールにもならず
少し伸びる特性を持つため、打たれにくくなります。
また、スイングをしても入ると言う安心感から積極的にプレーをしやすくなります。

サーブをかけるのもカットをかけるのもドライブをかけるのも
”回転をかける感覚”を磨く事が上達の近道だと思いますので

ざっくりとした説明で申し訳ありませんが。

是非側面の方向にスイングすることを意識して鍛えてみて下さい!?

悩みや詳しい事は是非レッスンの際に聞いていただければと思います!

ご予約お待ちしております!

 

稲垣コーチのご予約はこちら

関連記事

  1. 【カット】フォアカットのコツ

  2. 【Liliさんのチャンネルでご紹介いただきました!】

  3. カットマンプレー動画【小林コーチ】

  4. 【オリジナルラケット近日限定発売!】

  5. 用具試打動画【小林コーチ×ブルーストームZ2】

  6. 用具紹介【へキサーパワーグリップ】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)