スピードのあるチキータをするコツ

こんにちは!スタッフの笹尾です!
シェークハンドの技術・戦術を中心にこのブログにて紹介できたらと思っています!!

今回はスピードのあるチキータのコツです。チキータとは簡単にいうと横回転バックフリックのことです。近年トップ選手は使っていない選手がいないくらい主流の技術になっており、ツッツキ・ストップに並ぶレシーブ技術です。

最近のチキータは大きく分けて2種類になります。

  1. 横回転を強くかけ、曲げて返球を限定させるチキータ
  2. スピードのある攻撃的なチキータ

今回は2のスピードのあるチキータを打球する2つのコツを紹介します!!

1つ目のコツ:”溜め”をつくり手首を使える空間をつくる

1つ目は相手の回転に負けないためにしっかり打球する準備をすることです。

スピードのあるチキータをするためにはしっかり手首を曲げて溜めを作ることが必要です。小さいフォームでスピードをだすためには手首の力を使うことが非常に大切になるのでインパクトの前にしっかりと手首を使える空間を自分で作ることが大切になります。

2つ目のコツ:しっかりと振り切る

台上技術全般に言える事なのですが中途半端に戻ろうとしてスイングを止めてしまったり打球しながら戻ろうとしてしまうともちろんスピードも出ませんし、ミスが増える原因になります。しっかり振り切ればスピードも出ますし、振り切った反動を使って戻れば返ってきたボールにも素早く対応できます。

参考動画

 

スタッフ笹尾の予約はこちら!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 元世界チャンピオン偉関晴光氏に講習会を開催していただきました…

  2. はじめましてFunTableです

  3. 【ペンホルダー】バックショートを安定させるコツ!

  4. 【カット】フォアカットのコツ

  5. 威力のあるバックハンドを打つには!〜〜

  6. 更衣室・シャワー完備!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)