ディグニクス09cを使ってみた!?

こんにちは!ファンタブルの夢川です。

今日はディグニクス09cを使ったレビューをしようと思います!(ファア面のみ)
皆さんはこのラバー知っていますか?
定価の値段1万円はします!!高い(´;ω;`)
そんなラバーを使ったらどこまで変わるのか?そんな疑問を解決しましょう!

今回の使用したラケットとラバーは以下の通りです。張 継科ALC、フォアディグニクス09c、バックにはG1を貼ってやりました。

フォア打ち
・軽く振っても飛んでいく(張 継科のラケットの場合)
・そこまで食い込みはしない感覚。

フォアドライブ(対上回転)
・軽く振っただけで深く入る(ボール)がコントロールがむずかしい。
・食い込ませるより当てる感覚の方がやりやすい。

フォアドラブ(対下回転)
・しっかり引っ掛けないと難しい。
・しっかり前に振ることが大切。

以上が打ってみての感想です、、、詳しい情報はYouTubeにて配信中です!

是非、動画をご視聴ください!リンクはこちら↓

関連記事

  1. 小林用具紹介~変更編~【マークVHPS】

  2. 用具紹介【へキサーグリップ】

  3. お客様参加型!交流用ブログ!

  4. 卓球ができるようになった時に用具を新調するのも良いのでは!?…

  5. スタッフがTwitter始めました!!

  6. 市川コーチのフォア面ラバーが裏ソフトに!!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)